徹底比較今と昔のライオンズ

0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

    こんばんは、Mr.獅子です。

    前回から始めた選手比較シリーズ、本日のポジションはこちら!!!

     

    『中堅手』

    2008年の主な出場選手の成績と2018年スタメンが予想される選手の去年の成績を比較していきましょう!

     

    2008年の主な出場選手は『ボカチカ』選手

    2008年

    78試合 .251 20本 47打点

    300打席に満たないのに20本、そしてそんなバッターが9番に座っている。

    本当に恐怖の9番バッターですよね…笑

    一塁専じゃない当たり外国人って最近だとヘルマンが思い浮かびます。懐かしい!

    首脳陣との確執がなければもう少しやれたのかなと思うと残念です。

     

    2018年の予想出場選手は『秋山 翔吾』選手

    2017年 

    143試合 .322 25本 89打点

    首位打者 最多安打 B9 GG賞 

    獅子のリードオフマンは文句なしでこの人ですよね。

    この人なしでは優勝は厳しいと思ってしまうくらいの絶対的な中心選手です。

    長打を捨てて率を残すフォームでシーズン安打日本記録を樹立したのが2015年。

    それ以来安定して高打率を残しているのですが、去年驚きだったのが首位打者を獲得する高打率を残しながらホームランを25本も放ちましたよね、守備も肩も球界トップクラスで足も速いとなるともう非の打ちどころがありませんね…笑

     

    今日はセンターの二人を比較しましたが、圧倒的に今年のほうが力は上かと思います。

    秋山選手、日本一の原動力になることを願っています。

     

    観覧ありがとうございました、宜しければポチッとお願いします!!

     

     

     

     


    にほんブログ村


    | 1/6PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    楽天市場

    ブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM